沿革年表

1950

昭和25年

時代の要請と地域の要望により自立する近代女性の養成を目的として、裁縫塾開設。

1951

昭和26年

石蟹駅前に阿哲高等技芸学校として学園創立。岡山県公認となり、校主小林景一郎、校長小林真寿江就任。

1952

昭和27年

新見中町へ校舎移転。

1954

昭和29年

新見市制に合わせて、新見高等技芸学校と校名改称。校歌、校旗を制定。

1955

昭和30年

創立5周年記念式典挙行。

1958

昭和33年

新見市新見2032番地の4(六軒丁)の現在位置に校舎新築移転。

1960

昭和35年

創立10周年記念行事として、寄宿舎白百合寮新設。

1962

昭和37年

学校法人認可、法人名新見学園とする。

1965

昭和40年

創立15周年記念として、寮歌、新制服の制定。

1969

昭和44年

学校法人名改称、新見女子専門学園となる。新見高等技芸学校に新見女子高等学校(通信制)被服科と新見准看護婦学校を併設。

1970

昭和45年

創立20周年記念事業として、「希望の像」建立。

1972

昭和47年

新見女子高等学校定時制移行。

1973

昭和48年

衛生看護科設置。校旗制定。

1975

昭和50年

創立25周年記念事業として、「母子慈愛像」の建立。

1980

昭和55年

高等学校全日制移行。創立30周年記念事業として、運動場新設。

1982

昭和57年

さつき寮新築。被服科を服飾デザイン科に科名変更。

1985

昭和60年

創立35周年記念事業として、「真心の像」建立。

1989

平成元年

新白百合寮新築。

1991

平成2年

創立40周年記念事業として、新見女子高等学校に普通科設置、新制服制定。

1993

平成5年

小林景一郎理事長逝去。

1995

平成7年

創立45周年を契機に共学化を決定。

1996

平成8年

法人名を天真学園、校名を岡山県共生高等と改称。校歌、男子制服、校章を制定。白百合寮を青雲寮に改築。

1998

平成10年

新青雲寮を新築。

2000

平成12年

創立50周年記念事業として、ロータリークラブ交換留学事業を実施、アメリカより留学生受け入れ。

2001

平成13年

台湾より留学生受け入れ。

2002

平成14年

新制服制定。衛生看護科募集停止、普通科に福祉コースを設置。

2004

平成16年

カンボジアより留学生受け入れ。アイスランドより留学生受け入れ。

2005

平成17年

創立55周年記念事業として、服飾デザイン科募集停止、普通科3コース(留学特進コース・進学コース・看護福祉コース)制を設置。韓国より留学生受け入れ。海外留学制度を制定。

2007

平成19年

小林真寿江学園長逝去、「学園長を偲ぶ日」を制定。中国より留学生受け入れ。

2008

平成20年

ドイツより留学生受け入れ。学校設定科目にて中国語授業開始。

2010

平成22年

創立60周年記念事業として、普通科2コース(総合コース・スポーツ科学コース)制を設置。新制服を発表。ノルウェーより留学生受け入れ。

2013

平成25年

スイスより留学生受け入れ。

2015

平成27年

創立65周年記念事業として、コース変更決定。

2016

平成28年

普通科4コース(スポーツ科学コース・普通コース・メディア情報コース・生活アレンジコース)制を設置。

2019

令和元年

創立70周年記念事業として、短期留学制度を増設、学校設定科目にて韓国語授業開始。

2020

令和2年

創立70周年記念事業として、普通コース(特進・公務員系、教養系)を総合進学コース(進学系、教養系、国際系)に改編。新制服を発表。